calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

categories

archives

【PR記事 高知県高知市】 ライブラリーカフェも朝食もセンス良過ぎ?「コンフォートホテル高知」が口コミで高評価となる理由。

【PR記事 2020.10.09 高知県高知市】
ライブラリーカフェも朝食もセンス良過ぎ?「コンフォートホテル高知」が口コミで高評価となる理由。


ビジネスホテルは、口コミの評価では当然不利?
楽天トラベルの口コミ評価の「点数」をよ〜く見ると、「ある傾向」に気が付くはずだ。

地域にもよるのだが、単純に該当地域の宿を「評価の高い順」で検索すると、5点満点に近い宿は、小規模な料理宿(いわゆるオーベルジュや割烹旅館)や、同じく小規模なゲストハウスだったりする。

これらの宿は、既に特定のファン層をがっちり掴んでいることが多く、そもそも「こうした宿の特性を好む層」しか泊まることは無いから、総じて高評価となりやすい。

一方、強力なファン層を持たず、何事も「ドライで合理的な基準」で判断されがちな、一定規模以上のビジネスホテルは、どうしても「高評価」は付きにくくなる。

 

 

見た目はごく普通のビジネスホテルなのだが。

そんな中、ココ高知市には、いわゆる中規模クラスのビジネスホテルながらも、楽天トラベルでの評価が4.6(2020年10月9日現在)と、かなりの高評価を得ているホテルがある。

2018年10月にオープンしたコンフォートホテル高知だ。

このホテル、外観の写真を見る限りでは、ごくごく普通のビジネスホテルなのだが、中身はちょいと変わっている。

その象徴とも言えるのが、1階に新設したライブラリーカフェであろう。

実のところを言うと、ホテル業界では近年、ライブラリーがちょっとしたブームとなっており、ライブラリーカフェ自体はさほど珍しくないのだが、ココのライブラリーは、何たってセンスが良い。

 

 

ライブラリーで、コワーキング?リラクゼーション?

ん?ビジネスホテルのライブラリーって、漫画やコミックがびっしり並んでいるアレのこと?などと思うなかれ。

置いてある本は、地域にまつわる情報誌や旅行誌などが中心で、洒落た絵本?のようなものもあり、しかもギチギチに詰めて置いてあるワケではないので、ライブラリーカフェ全体が、何とも明るく開放的な雰囲気なのだ。

ちなみにライブラリーカフェ内のフリードリンクにはコーヒー4種類・紅茶3種類があり、タブレットやヘッドフォンなどの貸し出しも行っている。

当然、宿泊客は無料で利用することができ、ビジネス客にとっては、ちょっとした居心地の良いコワーキングスペースだ。

 

 

見た目にも栄養バランス的にも、考え抜かれた朝食?

もっとも、口コミでの「高評価」の理由はライブラリーカフェの存在だけではない。

コチラの無料朝食は、割と以前からセンスが良かった。

もちろん、その内容はコンフォートホテルチェーン内ではほぼ共通なので、高知固有というワケではないが、オニオンスープやスムージー、温野菜やごぼうサラダ、日替わりで登場するというハーブグリルチキン、そしてピラフを中心としたご飯など、見た目にも栄養バランス的にも考え抜かれた感じで、同じ価格帯のビジネスホテルの中ではひときわ「美味そう」なのである。

その他、こまごまとした評価ポイントはいくつもあるのだが、長くなるので、このあたりにしておこうか。。。

本来、PR記事なのに、決してベタ褒めしない、辛口のコメントが多い遊都総研PRがココまで言うんだから、よほどお勧めなんだな、と思って頂いて結構だ(笑)。

                          By まちおこし編集長
宿泊予約は

コンフォートホテル高知


広 告 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
 


コメント
コメントする