calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

categories

archives

【PR記事 宮崎県日南市】 是非多くの人に推奨したいニッポンの宿「Nazuna 飫肥 城下町温泉」。しかし、ココの広報にはモノ申したい。

【PR記事 2020.09.18 宮崎県日南市】

是非多くの人に推奨したいニッポンの宿「Nazuna 飫肥 城下町温泉」。しかし、ココの広報にはモノ申したい。

 

で、いつ開業したんだよ?
あえて言おう。

今回は「最悪のプレスリリース案件」を紹介する。

それは、2020年7月7日に、某ニュースリリース配信サイトから送られてきたものだ。

その内容とは、リード文を「そのまま記事化」すると、株式会社Nazuna(滋賀県野洲市、大門真悟代表)・株式会社Kiraku(京都市東山区、サンドバーグ弘代表)・株式会社大地(志賀県野洲市、大門忠博代表)の3社は、日南市の重要伝統的建造物群保存地区で全5室の温泉旅館「Nazuna 飫肥 城下町温泉 -小鹿倉邸(こがくらてい)-」を開業した、というもの。

ん?コレのどこが最悪なの?と思われるかも知れない。

いや、勘が鋭い人はお分かりだろう。

「いつ」開業したのかが全く不明なのである。

 

 

宿泊予約サイトと内容が違いすぎ。

調べてみると、この宿、楽天トラベルでは2017年5月05日から宿泊予約を取っていることになっている。

営業開始から3年も経っていながら「開業しました」はないだろ!

しかも、宿名は「Nazuna 飫肥 城下町温泉」となっており、「小鹿倉邸」は宿泊プランの選択肢のひとつ、という表記だ。

「小鹿倉邸」以外にも複数の棟があるのは理解できるが、プレスリリースと宿泊予約サイトの情報が、あまりにも違い過ぎる。

ちなみに、「小鹿倉邸」の建物の写真は、プレスリリースも楽天トラベルも全く同じ。

で、ダラダラと長いプレスリリースを読み進めていくと、ようやく本文の最後尾?近くでその真相が明らかになる。

既存の1棟貸し宿泊施設を統合し、「分散型旅館」としてリニューアルオープン、だとさ。

 

 

まず「事実関係」が先だろが。

その詳細を読むと、「Nazuna 飫肥 城下町温泉」は今回の「小鹿倉邸」の開業に伴い、Kirakuが企画・開発した既存の一棟貸しの宿「季楽 飫肥 勝目邸」「季楽 飫肥 合屋邸」を、新たに「勝目別邸」「合屋別邸」として本旅館に統合し、小鹿倉邸の5室と合わせた分散型旅館として営業を開始した、となっている。

こんな肝心な内容、冒頭のリード文で言わなきゃダメだろ!

それに、既存の宿は名称が変わっているワケだから、「Nazuna 飫肥 城下町温泉」にリブランドのうえ統合しました、ってのが正確だろうし。

で、結局、「いつ」リニューアルオープンしたのかは最後まで不明。。。

念のため言っておくが、宿自体は素晴らしい。

古民家の再生や商店街との連携、「分散型旅館」自体といった方向性自体は、必ずしもココの専売特許ではないが、当サイトでも随分と推してきた宿のカタチなのである。

ゆえに、こちらさんの広報は残念でならない。

                           By 旅の小坊主
宿泊予約は

Nazuna 飫肥 城下町温泉

広 告 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
 


コメント
コメントする