calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

categories

archives

【PR記事 鹿児島県霧島市】 鹿児島県民限定の「地元プラン」で地元の良さを再発見?日本庭園を囲んだ上質な空間が自慢の「数寄の宿 野鶴亭」。

【PR記事 2020.05.11 鹿児島県霧島市】

鹿児島県民限定の「地元プラン」で地元の良さを再発見?日本庭園を囲んだ上質な空間が自慢の「数寄の宿 野鶴亭」。

地元の人は、地元の観光地・宿には縁が無い?

霧島市隼人の割と普通っぽい?市街地の一画に、数寄の宿 野鶴(やかく)亭という、割と高級っぽい温泉旅館がある。

この宿、外観からだと少々分かり難いが、門をくぐるとそこは「別世界」で、苔が見事な日本庭園を囲む上質な空間が広がるらしいのだ。

館内では、お肌しっとりの美人の湯と最高級黒毛和牛が堪能できるとあって、楽天トラベルの評価ポイントもそこそこ高得点だったりする。

って言うことは、地元の人は「接待需要」でもなければまず利用することのない宿。。。と勘ぐってしまうかも知れない。

しかしである。

楽天トラベルで宿泊プランを眺めていたら、かなり下の方に【地元の方限定】というプランがあるではないか。

 

 

プランの内容自体は割と普通っぽいのだが。。。

で、このプラン、キャッチフレーズはこうだ。

「ご旅行好きな霧島エリアの皆様、今度のお休みは少し趣向を変えて、 自宅から1時間圏内の“地元”霧島を旅してみませんか?」。

プランの詳細を見る限り、食事やその他サービスはこの宿のプランとしては割とオーソドックスな感じで、料金的にも激安ってほど安くはない。

が、しかし、新型コロナ問題で県境を越えた「遠出」が自粛ムードにある中、「地元を見直そう」という発想は前向きに捉えたいのである。

案外、知らなかった地元の良さを再発見する機会にもなりそうだし。

まあ、このプランでは、対象者を「鹿児島県民」としているので、地元と言ってもその範囲が少々広過ぎる?気はするが、何はともあれ、ビバ地元!なのである。

                          By 旅の小坊主
宿泊予約は

数寄の宿 野鶴(やかく)亭


広 告 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
  


コメント
コメントする