calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

categories

archives

【PR記事 岡山県岡山市】 「キノシタショウテン」のコーヒー豆お試し6種セットを試してみた(4)。6種類の中で唯一、「顔出し」の、コロンビア「ペドロ・クラロスAAA」。

【PR記事 2020.04.09 岡山県岡山市】
「キノシタショウテン」のコーヒー豆お試し6種セットを試してみた(4
)。6種類の中で唯一、「顔出し」の、コロンビア「ペドロ・クラロスAAA」。

コメントがやたらと多い?尖がった豆か?
今回は、1回目2回目3回目に引き続き、キノシタショウテンのコーヒー(豆or粉)お試し6種セット(13g)の4回目。

2種類あるコロンビア産の豆のうちのもう片方、「ペドロ・クラロスAAA」と銘打たれた豆で淹れてみた。

この豆、添付の「通信簿」の記載(5段階評価)は、焙煎度2、甘味3、酸味3、ボディ・コク3、フレーバー3、ビターさ2。

飲み心地のコメントは「マスカット、はっさく」「オレンジピール」「冷めるにつれやわらかな甘み」「柑橘ノジューシーさとカカオ」「凝縮された果実感」とあり、6種類の中では最もコメントが多く、なおかつ、6種類の中では唯一、農園主?と思しき怖そうな顔をした男性の似顔絵が印刷されている。

 

 

1煎目の強烈な酸味は何だったんだろう?

早速袋を開けると、焙煎度が2だけに、これまでの3種類とは全く異なり、如何にも浅煎りといった色味の豆から、甘〜い香が沸き上がった。

この種の豆は、あまり細く挽き過ぎると、2煎目以降のフィルターの目詰まりが甚だしく、「豆茶」を出し切れなくなるため、ある程度粗挽きで淹れてみる。

さて、1煎目。

うわっ!なんだこの酸味の強さは!

通信簿の酸味は3とあるが、こりゃ、5にしか思えない。

ただ、コメントにあった「冷めるにつれやわらかな甘み」は合っていそう。

とくに2煎目以降では、酸味がすっかりと抜け、非常に飲みやすい、まろやかな「豆茶」に変化していた。

同じコロンビア産の豆でも、オーソドックスで無難な感じがした前回の豆とは、ほぼ対局に尖がった豆なのかも(それがパッケージでの「顔出し」の理由か?)。

あと2種類、どんな豆に出会えるのか、待ち遠しくてしょうがない(笑)。

                          By まちおこし編集長
この商品は楽天市場で購入できます
キノシタショウテンのコーヒー(豆or粉)お試し6種セット(13g)


広 告 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
   


コメント
コメントする