calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

categories

archives

【PR記事 山梨県山中湖村】 謎の外資系?企業が運営する「富士鵬欣会館」が楽天トラベルに登場。企業の元保養所がなんとも香ばしい?「漢字」のネーミングで再生!

【PR記事 2020.03.23 山梨県山中湖村】

謎の外資系?企業が運営する「富士鵬欣会館」が楽天トラベルに登場。企業の元保養所がなんとも香ばしい?「漢字」のネーミングで再生!

 

中国系?香港系?社長は日本人?

つい最近、楽天トラベルに富士鵬欣(ほきん)会館という、一風変わった名称の宿が登場した。

宿が建っている場所は、山中湖畔にほど近い、別荘や保養所などが並ぶ一画。

運営会社を調べてみたら、東京に本社を構える舜日(しゅんじつ)リゾートという会社なのだが、これが何とも謎の多い?会社なのである。

会社のHPを見ると、社員の催しを記載した頁に登場する社長の名前は日本人っぽいものの、スタッフは中国系?っぽい感じで、HPに記載されている「日本語」にも、節々に微妙〜な部分があったり。。。

正直、普通の日本人なら、少々敬遠したくなる雰囲気だ。

 

 

企業の元保養所を2009年に「再生」。

ただ、この会社、単なる得体の知れないアジア系外資というワケでもなさそうなのである。

例えば、この富士鵬欣会館という宿、もともとは日本の企業の保養所だった建物で、同社のHPによれば、2009年から運営しているらしい。

実は既に10年以上の「実績」がある。

で、宿の中身はどんな感じかと言うと、もともと企業の保養所だった故に、客室も共用部分(レストランや大浴場など)もそれなりに立派な造りだ。

客室タイプも、いかにも旧保養所系らしい一般的な和室だけでなく、シングルからスイートまで幅広い。

 

 

日本人の個人ユースに本格アピール?

それにしてもこの宿、10年もの間、楽天トラベルやじゃらんnetに掲載することなく、どうやって運営してきたのだろう?

まあ、インバウンドや研修系の団体などを受け入れてきたのだろうけど、ハコモノがそこそこ立派なだけに、これまで日本人の個人ユースに積極的にアピールしていなかったのは、何とももったいない。。。

と言うより、イタリア語だかスペイン語だか分からない横文字で飾り立てたリゾートホテルより、なんとも香ばしい?「漢字」のネーミングには、好感さえ持ってしまった(笑)。

なおこの宿、楽天トラベルで宿泊プランを見ると、2020年3月23日現在、夕食の提供は無く、朝食付きプランのみとなっている。

夕食は既にお目当ての店がある、という人はぜひ。。。

                          By 旅の小坊主

宿泊予約は
富士鵬欣会館


広 告 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
 


コメント
コメントする