calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

categories

archives

【PR記事 長崎県佐世保市】 佐世保で60年以上愛されている「蜂の家のカレー」。「サンウエストホテル佐世保」の朝食バイキングでは、その伝統の味が楽しめる!

【PR記事 2020.02.12 長崎県佐世保市】
佐世保で60年以上愛されている「蜂の家のカレー」。「サンウエストホテル佐世保」の朝食バイキングでは、その伝統の味が楽しめる!

 

最上階のレストランでは朝・昼・晩3食しっかり提供。
2018年7月、旧ホテルサンルート佐世保がサンウエストホテル佐世保としてリブランドオープンした。

サンルートと言えば、相鉄傘下でのリブランドやフランチャイズ契約の終了などに伴い、次々とその名が消えている。

かつてのビジネスホテル御三家(サンルート・ワシントン・東急イン)の全盛期を知っている世代からすればさみしい限りだが、ココ佐世保では、サンルートの名称が消えた現在でも、相変わらず?好評の宿となっているらしい。

さすがに建物自体の老朽化は否めない部分もあるのだが、最上階のレストランでは朝食・ランチ・ディナーをしっかりと提供、宴会場などもあり、地元客の利用も多いという。

 

 

カレーだけじゃない?このホテルならではの朝食メニュー。

さてこのホテル、何が評判かと言えば、スバリ朝食である。

サンルート時代から提供していたメニューなのかどうかは不明だが、バイキングの内容は佐世保色・長崎色全開だ。

例えば、地元佐世保で60年以上愛され続けているという蜂の家のカレー。

甘くて辛いこだわり抜いた一品らしい。

その他のメニューも、平戸産のすりみを使用したすりみ揚げ、幻の五島うどん、手作りの浅漬け、同ホテル発案のオリジナルハニートーストなど、このホテルならではの料理がてんこ盛りといった感じ。

ちなみにココのレストランでは、ランチやディナーもバイキング形式で提供している。

佐世保の宿でこだわりの朝食を楽しんでみたいという人はぜひ。。。

                           By 旅の小坊主
宿泊予約は
サンウエストホテル佐世保

広 告 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
 


コメント
コメントする