calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

categories

archives

【PR記事 栃木県益子町】 築270年!江戸時代の農家が宿に生まれ変わった「民宿 古木」。隣室の宿泊客は、襖ひとつで隔てられたお隣さん?

【PR記事 2019.12.25 栃木県益子町】
築270年!江戸時代の農家が宿に生まれ変わった「民宿 古木」。隣室の宿泊客は、襖ひとつで隔てられたお隣さん?

山梨の大黒屋だけじゃなかった?築270年の宿。
このサイトでは以前、築270年という古民家宿「大黒屋・サンガム」(山梨県甲州市)を紹介したことがある。

さすがに「現役」でこれ以上古い宿や無いだろう。。。と思いきや、ココ益子町に、同じく築270年と称する宿が存在していた。

その宿とは、真岡鐡道「益子」駅より車で5分ほどの民宿 古木である。

宿の建物は見てのとおり、古き良き農家の造りそのまんまという感じで、江戸時代(270年前)に建てられたらしい。

さすがにこの間、様々なところを「改修」してはいるのだろうが、広々とした茶の間には囲炉裏があり、火を囲んで朝食・夕食をとることができる。

 

 

トイレ・キッチン・お風呂はさすがに近代建築?
さて、気になる客室だが、楽天トラベルには10室とあり、いわゆる1棟貸し切りの古民家ではない。

それぞれの客室は襖で仕切られているだけらしく、この種の伝統的な日本家屋に不慣れな人からすれば、「完全個室」と言うにはやや難があるだろう(って言うか、相部屋とも個室ともつかない、隣客との微妙な関係がこの宿の面白さだとは思うけど)。

なお、昨今の古民家系の宿では常識となっているが、キッチンやトイレ、お風呂などの水回りは、建物の外観からは想像がつかないくらい「近代的」に改修されている。

陶芸のまち・益子や、近隣のツインリンクもてぎを訪れる際はぜひ。。。

                          By 旅の小坊主

宿泊予約は
民宿 古木


広 告 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
 


コメント
コメントする