calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

categories

archives

【PR記事 高知県室戸市】 吉良川の古い町並みに佇む「古民家の宿 蔵空間蔵宿」。併設カフェで、土佐備長炭の炭火焼きによる自家焙煎コーヒーを堪能あれ。

【PR記事 2019.09.24 高知県室戸市】
吉良川の古い町並みに佇む「古民家の宿 蔵空間蔵宿」。併設カフェで、土佐備長炭の炭火焼きによる自家焙煎コーヒーを堪能あれ。


かつて、土佐備長炭の積出港として栄えた吉良川。
土佐くろしお鉄道ごめん・なはり線の終点「奈半利」駅からバスで約30分、太平洋に面した室戸市の一画に吉良川というまちがある。

この吉良川という場所、かつては土佐備長炭の積出港として栄えたところ。

現在でも当時を偲ばせる古い町並みが残っており、土佐漆喰の白壁や水切り瓦による独特の家並は、まさにフォトジェニックな?ニッポンの景観といった感じだ。

そしてその古い町並みの一画に、古民家の宿 蔵空間蔵宿という、古民家を活用した宿泊施設がある。

 

 

炭にも豆にもこだわる?自家焙煎機の写真も公開。

で、この宿、もともとは蔵空間茶館というカフェだったのだが、2008年に宿泊施設を併設。

現在でも大きなウリになっているのはカフェの部分で、土佐備長炭の積出港だっただけに、炭火焼の自家焙煎コーヒーが自慢の一品だ。

近年、自家焙煎のコーヒーをキラーコンテンツとして売り出している宿はにわかに増えているが、ココはカフェが発端ということで歴史?もあり、なんたって、楽天トラベルにも自家焙煎機の写真をしっかりと掲載している。

その他、手作りのケーキや、時間帯によってはピアノとギターの生演奏なんてのもあるらしい。

街並み散策+カフェ+古民家宿の3点セット?を堪能してみたいという人はぜひ。。。

                          By 旅の小坊主
宿泊予約は
古民家の宿 蔵空間蔵宿


広 告 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック