calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

categories

archives

【PR記事 山形県酒田市】 見よ!皮ギリギリまで食べ尽くした「庄内砂丘メロン」を。ココまで深掘りしても「芳醇な甘さ」は続く。。。

【PR記事 2019.07.29 山形県酒田市】
見よ!皮ギリギリまで食べ尽くした「庄内砂丘メロン」を。ココまで深掘りしても「芳醇な甘さ」は続く。。。


今年は進化していた?庄内砂丘メロン。
今年も例年どおり?この季節ならではの「実家からのミッション」が届いた。

そのミッションとは、地域の特産品「庄内砂丘 メロン(品種:アンデス)」の美味さを全国にアピールせよ、というものである。

ただ、この庄内砂丘メロン、同じ庄内の特産品でも、以前紹介した刈屋梨に比べ、爆発的に美味いかと言えば、今ひとつインパクトに欠けていた。。。

しかし、今年は違う。

送られてきた品種は、毎年恒例のアンデスメロンのはずなのだが、例年とは全く別モノに「進化」していた。

 


皮が破ける寸前?まで食べ進んでも、甘い。
では、どこがどう「進化」していたのか?

結論から言おう。

「皮ギリギリ」まで美味いのである。

真っ二つに切った大玉のメロンを、中心部から豪快にスプーンですくいながら皮へ向かって食べ進めると、通常なら、皮の手前厚さ1僂らいのところから徐々に甘さがなくなりはじめ、苦くなっていくはずだ。

しかし、今年の庄内砂丘メロンは違う。

皮が破ける寸前?まで食べ進めても、芳醇な甘さが全く後退しないのである。

 

 

今年の「旬」を逃した人は、来年ぜひ。
まあ、皮が破ける寸前というのは少々オーバーかも知れないが、それでも、相当な「深掘り」をしても、十分に甘い。

って言うか、そもそもメロンはある程度薄く切って皿に盛られるもの、と思っている人からすれば、大玉のメロンを真っ二つに切ってスプーンで掘るように食べる、という時点で、そりゃ反則だろ!と言われてしまいそうだが。。。

ちなみにこの庄内砂丘メロン、出荷の時期は7月上旬〜8月上旬。

送られてきたメロンのお尻を押してみて、やや引っ込むくらいだったら「食べごろ」だ。

いきなり冷やすより、食べる1〜2時間前に冷蔵庫に入れると、ほぼベストの状態で賞味できる。

う〜ん、今年はもう間に合わない、という人は、来年ぜひ。

                          By まちおこし編集長
この商品は楽天市場で購入できます
庄内砂丘 メロン

広 告 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
   


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック