calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

categories

archives

【PR記事 島根県益田市】 益田駅徒歩3分のカプセルホテル「アネックス益田」。女性フロアにのみ、鍵付きの完全個室あり。

【PR記事 2018.10.29 島根県益田市】
益田駅徒歩3分のカプセルホテル「アネックス益田」。女性フロアにのみ、鍵付きの完全個室あり。

 

ドミトリーではなく、あくまでもカプセルホテル。
ニッポンが誇る?超合理的な宿泊施設「カプセルホテル」と言えば通常、「それなりに大きなまち」にしか存在しない。

地方都市であれば、カプセルホテルが存在し得るのは、概ね「県庁所在地クラスの都市」と言ったところだろう。

しかしである。

人口5万人に満たない益田市で、いつの間にやら、カプセルホテルがオープンしていた。

JR益田駅より徒歩3分のアネックス益田がそれである。

昨今、この国では、カプセルホテルと、ドミトリー(相部屋)形式のゲストハウスの境界線が曖昧になってきているが、この宿はあくまでも「カプセルホテル」だ。

 


デラックスタイプに加え、スーパーデラックスタイプも。
ではこの宿、中身はどんな感じかと言うと。。。

客室部分は一見すると、ドミトリーの2段ベッドが並んでいるようにも見えるのだが、しっかりとテレビが付いており、機能的にはやはり「カプセルホテル」なのである。

1ランク上の半個室キャビンタイプ(デラックス)もあり、このあたりもドミトリーではなく、あくまでもカプセルホテルといった感じ。

ただ、一般的なカプセルホテルと異なるのは、テレビ・専用冷蔵庫・専用ロッカー・サイドテーブルを設置した「スーパーデラックスタイプ」という客室の存在であろう。

まあ、スーパーデラックスと言っても、バス・トイレは共用なので、アウトバスのビジネスホテルと考えれば、あまりお買い得感は無いような気がするのだが。。。

 

 

男性からすると、納得いかない料金設定だが。。。
さらにこの宿、「女性専用フロア」もしっかりと設置している。

まあ、カプセルホテルでは男性専用が一般的だし、女性が泊れる場合でも「女性専用フロア」を設置するのはごくごく当たり前だ。

しかし、一般的なカプセルホテルと決定的に異なるのは、女性フロアにのみ「完全個室」の客室が設置されていることである。

一般のカプセルも半個室キャビンタイプも、そしてこの宿にあるスーパーデラックスタイプも、旅館業法やら消防法やらの関係もあり、基本的に「完全個室」にはできない。

ところが、楽天トラベルにある「女性専用」という客室タイプは、あくまでも「鍵付きの完全個室」なのである。

しかも、その宿泊料金は半個室キャビンタイプ(デラックス)と同じで、スーパーデラックスよりも安い。

男性からすると納得いかない料金設定だが、女性の方はぜひ。。。

                          By 旅の小坊主
宿泊予約は
アネックス益田

広 告 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
   


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック