calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

categories

archives

【PR記事 滋賀県高島市】 これぞ、究極のエコシステム?ヒトと鯉で湧き水を循環させる宿「Racine home 針江」。

【PR記事 2018.09.25 滋賀県高島市】
これぞ、究極のエコシステム?ヒトと鯉で湧き水を循環させる宿「Racine home 針江」。

古民家?人工庭園?「摩訶不思議」な宿。
宿泊予約サイトを見ていると、しばしば「わ!なんじゃこりゃ!」という宿に出くわすことがある。

例えば高島市にあるRacine home 針江という宿。

写真を見ると一瞬、古民家?と思ったりもするのだが、建物は結構新しい感じだし、中庭?らしき場所には楕円のサーキットのような水路?があり、その中央の島には東屋?のようなものが建っている。

日本の原風景を再現したかのような?それでいて現代アートのような、思わず???を連呼してしまう、不思議な空間っぽい。

 

 

食後の「残りかす」は鯉の餌に。

しかもこの宿、「不思議な空間」は中庭だけでなく、建物内にも続く。

客室は割と普通っぽい間取り・内装ながらも、レストラン中央の通路には小川?っぽい水の流れがあり、鯉が泳いでいる。

実は、この「湧き水」がこの宿の「根幹」なのである。

極めて人工的な建造物ながらも、自噴する清らかな水を飲料や炊事に利用、このシステムを「川端(かばた)」と言うのだが、端池では食後のお皿を池につけると鯉が残りかすをキレイに食べる仕組みになっているという。

とにかく「ヨソじゃお目にかかれない宿」をお探しに人はぜひ。。。

                          By 旅の小坊主

宿泊予約は
Racine home 針江


広 告 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック