calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

categories

archives

【PR記事 大分県竹田市】 山岳図書1万3,000冊を収納!登山家・旅行作家の野口冬人氏が蒐集した本が読める「図書館」併設の宿「B・B・C長湯」。

【PR記事 2018.08.02 大分県竹田市】

山岳図書1万3,000冊を収納!登山家・旅行作家の野口冬人氏が蒐集した本が読める「図書館」併設の宿「B・B・C長湯」。


図書館・本屋と宿やのコラボは、珍しいことじゃない?
近年、この国では、図書館や本屋、ブック&カフェを併設した宿が、ちょっとしたブームとなっている。

そこそこ「高級」なホテルでは、なんだか仰々しい「ライブラリー」を併設しているところもあるし、廉価なドミトリー・ホステル系の宿でも、書棚の中に?ベッドスペースを設置したような宿も話題になったりした。

まあ、「図書館併設」などと謳わなくても、漫画喫茶やネットカフェを併設したホテルは珍しくないし、フロント・ロビースペースにコミックなどを数百冊〜場合によっては数千冊?置いているビジネスホテルだって存在する。

しかし、ココ竹田市長湯にあるB・B・C長湯は、上記の何れの「図書館系」の宿とも、ちょいと違う。

 

 

山岳図書の閲覧ができるほか、山岳画家の絵も展示。

この宿の建物は、林の中にある別荘群のような棟。

宿のサブタイトルには「長期滞在施設と林の中の小さな図書館」とある。

その「図書館」とは、施設内にある「冬人庵書舎」のこと。

図書館内には、登山家・旅行作家の野口冬人氏が蒐集した山岳図書1万3,000冊を収納している。

また、畦地梅太郎氏の版画展を常設しているほか、日本を代表する山岳画家の絵も展示しているという。

かなり特殊な図書館と言えそうだが、興味惹かれる人には垂涎モノ?に違いないだろう。

ちなみに、「宿」の部分は、長期滞在にも対応可能な6室。

普通の図書館やブックカフェには飽きた?という人はぜひ。。。

                    by 元 炎の列島縦断トホダー

宿泊予約は
B・B・C長湯


広 告 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック