calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

categories

archives

【PR記事 和歌山県湯浅町】 わっ!なんじゃこりゃ?お城のカタチをした温泉旅館「湯浅城」。天守閣からは湯浅の街並みを一望!

【PR記事 2018.07.04 和歌山県湯浅町】
わっ!なんじゃこりゃ?お城のカタチをした温泉旅館「湯浅城
」。天守閣からは湯浅の街並みを一望!

 

現代版「湯浅城」は、JR湯浅駅からタクシーで5分。
楽天トラベルなどの宿泊予約サイトを見ていると、しばしば、ぎょえっ?とするカタチの宿に出くわすことがある。

JR湯浅駅からタクシーで5分ほどの場所に建つ温泉旅館「湯浅城」もそのひとつ。

なにがぎょえっ?なのかと言えば、その名のとおり、お城のカタチそのまんまだからだ。

さすがに構造は鉄筋コンクリート造なのだろうけど、屋根瓦などはそれなりに風格があったりして、さほど「ハリボテのパロディ建築」っぽくはないのである。

そして、泊まったからには、必ず行ってみたくなるのが「天守閣」だが、そこからはご想像どおり?湯浅の街並みが一望だ。

 

 

天守閣以外は、案外普通の温泉旅館?
さてこの宿、その奇抜な外観以外はどんな感じかと言うと。。。

基本的には普通の温泉旅館なのである。

客室はごく普通の和室で、決して「櫓(やぐら)風」とかじゃない。

広々とした天然温泉大浴場も、まあ、悪くはないけど、普通の温泉旅館と言った感じ。

食事についても、一部、お城のカタチをした食器があるようだが、これまた普通の温泉旅館と大差無い。

ちなみに、「湯浅城」自体は、廉治2年(1143年)に湯浅宗重氏によって築城された城。

それがどんな経緯で「温泉旅館」になっちゃったかは不明だが、「お城に泊まった」というネタを大いに?利用したいという人はぜひ。。。

                          By 旅の小坊主
宿泊予約は
湯浅城


広 告 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック