calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

categories

archives

【PR記事 京都府京都市】 JR東海が本気で始めた?直営地域産品通販サイト「いいもの探訪」なら、京都・神宮丸太町「八起庵」名物の「鴨なんば」も家庭で食べられる。

【PR記事 2018.06.12 京都府京都市】
JR東海が本気で始めた?直営地域産品通販サイト「いいもの探訪」なら、京都・神宮丸太町「八起庵」名物の「鴨なんば」も家庭で食べられる。

 

1000年の都・京都にあって、古くて新しい老舗?
1989年に開業した京阪鴨東線「神宮丸太町」駅(開業当時は丸太町駅)4番出口を出てすぐの場所に、「八起庵」という鶏料理店がある。

割と近年に開業した「地下駅」を出てすぐの場所に、古風な町家風の「老舗」が建っている様は、いかにも京都といった感じ。

しかし、「1000年の都」にあって、1970年創業の同店は、「老舗」というには実は結構、新しいお店なのである。

しかしそれでも、京都八瀬大原、近江安雲川に直営の養鶏場を持ち、独自の配合飼料を使って平飼いで飼育した鶏と卵を使用するなど、吟味に吟味を重ねた味は、ひとつひとつの素材にこだわった、風味豊かな「京の味わい」に違いなく、京都でも人気のお店のひとつだ。

ちなみに本店の建物は、古くからあった旅館をそのまま使用したものだという。

 

 

厳選した合鴨肉、だし、京風の細うどん、青ねぎや山椒までセットに。

さて、そんな「名店」を、直営地域産品通販サイト「いいもの探訪」を本気で始めたJR東海が見逃す訳が無い(笑)。

同サイトでも、同店の名物「鴨なんば」を販売している。

同商品は、厳選した合鴨肉に、旨みが詰まった「だし」や京風の細うどん、青ねぎや山椒ををセットにしたもの。

一口大にカットされた鴨肉は弾力があり、噛むごとにその旨みが口いっぱいに広がる。

詳細な調理方法?は記載が無いが、セットを見る限り、鍋さえあれば、家庭で名店の味を限りなく再現?できそう。

ちなみに本店のランチメニューを見ると、それなりのお値段となる会席やすき焼きのみで、鴨なんば単体は見当たらない。

となると、4人前で4,320円というこちらの通販商品のお値段は、案外お買い得かも。

名店の味を家庭で再現してみたいという人はぜひ。。。

                          By まちおこし編集長
商品の購入は
神宮丸太町 八起庵名物 鴨なんば4人前


広 告 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
   

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック