calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

categories

archives

【PR記事 山口県下関市】 常識を超えたゆったりとした広さ?「下関ビジネスホテルVIP南国」のシングル・デラックスシングルが結構凄いという噂。

【PR記事 2018.06.04 山口県下関市】
常識を超えたゆったりとした広さ?「下関ビジネスホテルVIP南国」のシングル・デラックスシングルが結構凄いという噂

 

一見すると、普通のビジネスホテルなのだが。
宿泊予約サイト・楽天トラベルを見ていると、しばしば、一見普通のビジネスホテルのようで、実は普通じゃない?ビジネスホテルに出くわすことがある。

下関の中心市街地に建つ下関ビジネスホテルVIP南国もそのひとつ。

このホテル、何が普通じゃないかと言うと、宿のトップ頁の説明にもあるとおり、シングルの「常識を超えたゆったりとした広さ」だ。

通常、ビジネスホテルのシングルと言えば、10〜15屬曚鼻

しかしココのシングルは、標準タイプで20屐⊆命燭離妊薀奪スタイプでは24屬澄

 

 

部屋の面積は約2倍、実感は2倍以上?

まあ、その数字だけを見ると、「常識を超えた」という表現は大袈裟に思えるかも知れない。

ただ、ビジネスホテルを多用している人ならピンとくるかも知れないが、この種のホテルは、バス・トイレが独立ユニットになっていない限り、水回り部分は部屋の大小にかかわらず、ほぼ同じ大きさなのである。

従って、シングルのようにもともと狭い客室では、面積が約2倍になるということは、居室部分の「広さ感」は倍以上になるはずだ。

とくにデラックスシングルに至っては、写真を見てのとおり、ダブルベッドに、イスやテレビ、机が置かれただだっ広い洋室スペース、さらに4畳半ほどの畳間まである。

シングルでこの「間取り」はやはり、「常識を超えた」レベルと言えるだろう。

 

 

1泊2食付きで5,800円〜。VIPの所以は日銀にあり?

ではこのホテル、その広い客室以外、どんな特徴があるのだろうか?

基本的には普通のビジネスホテルだ。

建物自体は新しくて綺麗とは言えないし、食事にについても、VIPと言っている割には、割と質素な感じがする。

もっとも、質素な食事については、朝食・夕食とも「おばちゃんが作る家庭料理風」を売りにしているようで、1泊2食付きで5,800円〜(2018年6月4日現在)という低価格が嬉しい。

なお、この宿が建っている場所は、JR下関駅からメインストリートを20分ほど歩いた場所(平日のみ送迎あり)。

日銀下関支店のほぼ真裏にあり、VIPの所以は日銀にあるのかも(笑)。

下関での、リッチでリーズナブルなお泊りにはぜひ。。。

                          By まちおこし編集長

宿泊予約は
下関ビジネスホテルVIP南国


広 告 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック