calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

categories

archives

【PR記事 石川県金沢市】 築200年?毎晩、日本食を一緒に作り、交流会を開催している古民家ゲストハウス「KANAZAWA 旅音」。

【PR記事 2018.05.29 石川県金沢市】
築200年?毎晩、日本食を一緒に作り、交流会を開催している古民家ゲストハウス「KANAZAWA 旅音」。


今や、金沢古民家宿の一大勢力?旅音(TABI-NE)。
このサイトでも既に何度か取り上げてきたのだが、京都や金沢を中心に、この国では古民家や町家をを活用した宿が人気を集めている。

とくにココ金沢では、こみんくるという会社が旅音(TABI-NE)というブランドで多店舗展開を図っており、比較的短期間で一大勢力?に発展した。

同社がメディアに蒔いている「勘違いプレスリリース」は少々鼻につくものの、インバウンド客を中心に、この旅音がウケていることは間違いないだろう。

さて、この旅音、1棟貸し切りの「貸別荘型」の宿がメインだが、1棟だけ「ゲストハウス型」の宿がある。

金沢駅よりバスで約5分のKANAZAWA 旅音だ。

 

 

両隣の建物は足軽屋敷?この建物にも多分、サムライが住んでいた。

で、この宿がある小橋町は江戸時代、加賀藩の城下町だったところ。

この宿の建物は築年数不詳(築200年?)ながらも、両隣の建物は足軽屋敷として金沢市より認定を受けているため、恐らくサムライが住んでいた建物ということらしい。

宿の形態としてはゲストハウス型ではあるが、4室ある客室は全て個室。

いわゆるドミトリー(相部屋)ではないものの、毎晩、日本食を一緒に作り交流会を開催していたりして、旅人どうしの交流は盛んな様子。

ちなみにこの宿、1棟貸しの宿を多店舗展開していることもあり、チェックインカウンターは別の場所(2018年5月29日時点では金沢駅より徒歩7分の建物、8月20日以降は移転予定)にあるのでご注意を。

                           By 旅の小坊主

宿泊予約は
KANAZAWA 旅音

 

広 告 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
    


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック