calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

categories

archives

【PR記事 岐阜県恵那市】 天然記念物の「岐阜地鶏」を再現?のびのびと育った鶏を伝統の手づくりで仕上げた「奥美濃古地鶏ハムセット」。

【PR記事 2018.07.27 岐阜県恵那市】

天然記念物の「岐阜地鶏」を再現?のびのびと育った鶏を伝統の手づくりで仕上げた「奥美濃古地鶏ハムセット」。

ハム・ウィンナー系は、贈答品の「鉄板」?
ハム・ウインナー系と言えば、お中元やお歳暮では、今さらながら「鉄板」と言える商品だ。

いろいろと調理もできるし、モノによってはそのままガブリ!と楽しむこともできる。

贈る相手がよほど肉系が苦手な人でない限り、ハズレの少ない贈答品とも言えるだろう。

だた、日本全国、どこの百貨店やスーパーでも普通に売っている某大手食肉加工メーカーの商品じゃ、あ〜んまり面白くない、と言う人もいるのではないか。

そこで「お勧め」なのが、全国各地のこだわりの生産者・メーカーが製造・販売しているローカルな商品である。

 


手づくりの味にこだわった製法。
例えば、恵那市の中部食産がつくっている奥美濃古地鶏ハムセットという商品。

奥美濃古地鶏は、1941年に天然記念物に指定された岐阜地鶏を、旧岐阜養鶏試験場が再現し、新しい地鶏として命名したものである。

奥美濃の大自然でストレスなくのびのびと育った鶏の肉は、赤みを帯びた、絶妙な歯ごたえとコクの豊かな旨味が特徴だという。

「加工」にあたっても、昔ながらの工程を忠実に引き継ぎ、伝統の手づくりの味にこだわっている。

中でも奥美濃古地鶏ハムは、岐阜県から「飛騨・美濃すぐれもの」に認定されているという。

毎年ハムやソーセージの詰め合わせをお中元やお歳暮に送っている人はぜひ。。。

2018年7月27日加筆修正

                           By 旅の小坊主
商品の購入は
奥美濃古地鶏ハムセット


広 告 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック