calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

categories

archives

【PR記事 高知県馬路村】 柚子で年商30億!村おこしの聖地・馬事村。かつての森林鉄道では乗車体験も。宿泊は村で唯一の温泉旅館・馬路温泉でほっこり。

【PR記事 2018.01.25 高知県馬路村】
柚子で年商30億!村おこしの聖地・馬事村。かつての森林鉄道では乗車体験も。宿泊は村で唯一の温泉旅館・馬路温泉でほっこり。


幻の森林鉄道がついに「日本遺産」に認定。

2017年、高知県東部の中芸地域(奈半利町・田野町・安田町・北川村・馬路村)の「ゆずロード」が日本遺産に認定された。

この「ゆずロード」、昭和30年代まで同地を走っていた森林鉄道の廃線跡を活用したもの。

かつては木材を運んでいたのだが、近年はその「沿線」で柚子(ゆず)の生産が盛んになったことから、「ゆずロード」の名称で地域全体を「観光資源化」している。

中でも中芸地域の最も奥に位置する馬路村は、柚子の加工商品による村おこしが成功し、人口1,000人に満たないド田舎(失礼!)ながらも、柚子で年間30億円を売り上げているというから驚きだ。

村では、柚子の収穫体験やポン酢造り体験、加工品の工場見学などもできる。

 

 

森林鉄道のほぼ眼の前には、村で唯一の温泉旅館。

さて、その馬路村は、かつての森林鉄道を活用した体験乗車施設が2ヵ所ある。

馬路温泉など、村の中心市街地?付近にある馬路森林鉄道と、さらに村の奥地にある魚梁瀬森林鉄道だ。

どちらも基本日曜日のみの運行で、見た目には遊園地の遊具のような車両ながらも、かつて木材を運んでいた「本物」を復元したものである。

その「歴史」を知ったうえで乗車すれば、マニアでなくても血沸き肉躍る?体験になるに違いない。

なお、馬路森林鉄道のほぼ眼の前には、馬路温泉という、村で唯一の温泉旅館がある。

如何にも「村おこし系」の宿らしく、売店には柚子商品が一杯。

泊りがけで森林鉄道を楽しみたいという人はぜひ。。。

ちなみに、現地まで公共交通は、安芸から安田駅を経由して馬路・魚梁瀬方面へ向かう路線バス(高知東部交通の馬路線)が1日4往復のみ。

車で行くにしても、山間の狭隘な道を通ることになるのでご注意を。

                       by まちおこし編集長

宿泊予約は
馬路温泉


広 告 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
   


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック