calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

categories

archives

【PR記事 埼玉県深谷市】 深谷市随一のシティホテル「埼玉グランドホテル深谷」のランチで、天丼セットを食べてみた。天丼本体よりも「ささやかなデザート&コーヒー」の方が印象的?

【PR記事 2018.01.05 埼玉県深谷市】
深谷市随一のシティホテル「埼玉グランドホテル深谷」のランチで、天丼セットを食べてみた。天丼本体よりも「ささやかなデザート&コーヒー」の方が印象的?

ネギだけじゃない?思いのほか見どころが多い深谷市。
東京から約70辧∈覿霧北部の深谷市と言えば、深谷ネギで有名だ。

煉瓦の産地としても知られ、昨今では殆ど東京駅もどき?の荘厳な駅舎がすっかりと観光名所になっている。

また、酒蔵を改装した映画館のある複合施設、断片的ながらも旧中山道沿いに残る古い建物、渋沢栄一記念館、JR深谷駅から約4卷未竜賣瓦工場へ敷設されていた引き込み線の廃線跡を活用した自転車・歩道など、思いのほか(失礼!)見どころの多いまちだったりする。

そして、東京駅もどきのJR深谷駅を出ると、ほぼその正面にデーンと構えているホテルがある。

深谷市随一のシティホテル埼玉グランドホテル深谷だ。

 

 

宿泊料金は、シティホテルながらもビジネスホテル価格?

埼玉グランドホテル・・・って、随分と大袈裟な、と思ったりもしたのだが、このホテル、お隣りの本庄市に本店を構える、どちらかと言えば結婚式場がメインの地元企業である。

深谷駅前にデーンと構えているこのホテルも、結婚式場やレストランなど、冠婚葬祭による利用がメインらしく、客室規模は56室と、思いのほか少ない。

ただ、客室は2015年にリニューアルしており、シングル5,199円〜(2018年1月5日現在)という料金は、宿泊特化型のビジネスホテル並みか、むしろ安いくらいで、お買い得感が強かったりもする。

 

 

館内に揃う、和・洋・中華のレストラン。

さて、このホテルを訪れたその日も、挙式真っ最中といった感じで、館内は他人事ながら?華やいだ雰囲気だった。

和・洋・中華の各レストランも、それぞれ会合などの予約客で、そこそこ席が埋まっている様子。

昼どきだったので、和食レストランで天丼セット(税込み1,404円)を食すことにした。

天丼本体は甘い味付けのタレが口に合わなかったが、付属?の蕎麦はちょうどよい感じの茹で加減で、天丼系との相性が危惧された?ポテトサラダも、まあ、可もなく不可もなくと言ったところ。

 

 

絶妙な量と組み合わせ?食後のデザート&コーヒー。

しかし、セットの印象を大きく変えたのは、食後に供されたデザート&コーヒーである。

何れも、少量のささやかな「おまけ」ながらも、見た目にも美味しいわらび餅とチェリー、茹で小豆に生クリームという組み合わせのデザートは、天丼本体の味がぶっ飛ぶ?くらい絶妙な量と味付けに思えた。

まあ、「ぶっ飛ぶ」なんて言うと、「埼玉グランドホテル」という名称同様(笑)、少々オーバーな表現かも知れないけど。

ちなみに、楽天トラベルの口コミ評価を見ると、このホテル、立地や客室、設備については高評価となっているのだが、料理についてはさほど評価は高くない。

こうした評価はあくまでも参考程度に、とは思うのだが。。。

深谷でのお泊りにはぜひ。

                       by まちおこし編集長
宿泊予約は
埼玉グランドホテル深谷


広 告 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック