calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

categories

archives

【PR記事 兵庫県香美町】 コンクリ橋に架け替えらても、実はしっかりと生き残っていた「余部鉄橋」。橋を見上げる「旬の宿 尾崎屋」でカニざんまい!

【PR記事 2017.09.26 兵庫県香美町】
コンクリ橋に架け替えらても、実はしっかりと生き残っていた「余部鉄橋」。橋を見上げる「旬の宿 尾崎屋」でカニざんまい!

 

旧余部鉄橋は、「展望施設」になっていた。
今さらながら、余部(あまるべ)鉄橋と言えば、かつては日本屈指の鉄道の撮影名所だったところ。

20年以上前、余部にまだユースホステルがあったころ、この地を訪れたことがあったのだが、鉄橋の目の前にある餘部駅で列車を待っていたところ、列車を待つ数少ない乗客の1人に「この橋はワシが生まれた年にできたんじゃ」と語る老人が居たことを覚えている。

しかし残念ながら、この余部鉄橋、平成22年、老朽化により、コンクリートの橋に架け替えられてしまった。

ところがどっこい?鉄橋の一部は保存され、展望施設「余部鉄橋 空の駅」として多くの観光客を集めているのであった。

橋を見上げる幹線道路沿いには「道の駅」などもあり、そこそこ賑わっている様子なのである。

 

 

余部鉄橋 空の駅」プラス「カニざんまい」を堪能!

さて、この「余部鉄橋 空の駅」、地上40mほどのところにあるのだが、駅に至る坂道の下には、湾に面して家並が広がっており、場所によっては海と橋の両方を眺望できる。

そんな家並みの中にある旬の宿 尾崎屋も、その両方が楽しめる宿のひとつ。

客室の窓からは、架け替えられたコンクリート橋と一部保存されている鉄橋が並ぶ姿と、湾の景観が見える。

まあ、それだけでも泊まる価値はありそうだが、この宿の人気の源は「カニ料理」にあるらしい。

シーズンになれば、極上100%タグ付(活)番松葉がにフルコース【刺・鍋・焼】+釜揚げ松葉がに付一人[2枚]なんてプランもある。

「余部鉄橋 空の駅」を下から上からじっくり楽しみたい人も、カニをたらふく堪能したいという人もぜひ。。。

                    by 元 炎の列島縦断トホダー

予約・問い合わせは
旬の宿 尾崎屋


広 告 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック