calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

categories

archives

【PR記事 香川県善通寺市】 建物の外観も客室の間取りも個性的過ぎ!香川・善通寺で面白過ぎる宿「お遍路宿 旅人の宿 風のくぐる」を発見。

【PR記事 2017.09.13 香川県善通寺市】
建物の外観も客室の間取りも個性的過ぎ!香川・善通寺で面白過ぎる宿「お遍路宿 旅人の宿 風のくぐる」を発見。

 

ネーミングも変わっているが、建物の「箱」も変わっている。。。
香川・善通寺市で、またまた面白い宿を発見してしまった。

JR善通寺駅より徒歩13分の幹線道路沿いに立つお遍路宿 旅人の宿 風のくぐるがそれである。

この宿、そのネーミングからして風変りだが、建物の外観もかなり風変りだ。

お遍路宿と言うから宿坊?みたいな感じを想像するかも知れないが、さにあらず。

その建物は、ほぼ長方形の四角い箱で、しかも窓の位置と大きさが見事にバラバラ。。。

ただし、この不揃いな窓には、しっかりとワケがあった。

 

 

ロフト?クローゼット?他所ではまず見られない客室の「間取り」。

さて、一歩建物の中に入ると、客室の「間取り」がこれまた相当に変わっている。

写真のような、コの字型の低いロフト?のようなベッドスペースがある「かけの部屋」をはじめ、部屋全体が大きな押し入れかクローゼットのような「ぶっかけの部屋」や「釜たまの部屋」、一見普通っぽいけど窓の位置がヘンな「釜あげの部屋」など、個性的過ぎる?客室ばかり。

窓の位置が不揃いなのは、この個性的過ぎる客室に合わせたものだった。

客室に比べ、ライブラリーやダイニングは割と普通っぽいが、四角い箱のような建物の中央には中庭があり、全体的にはポップアート美術館?のような感じ。。。

なお客室は、個室のほかドミトリー(相部屋)もあり、個性的過ぎる?宿にしては、宿泊料金は決して高くはないのである。

とにかく一風変わった宿に泊まってみたい、という人はぜひ。。。

                          By 旅の小坊主
宿泊予約は
お遍路宿 旅人の宿 風のくぐる


広 告 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック