calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

categories

archives

【PR記事 秋田県仙北市】 710席の「専用劇場」でオリジナル作品を年間300回上映!「わらび劇場」を中心としたアート・ヴィレッジ「あきた芸術村」が凄すぎる。。。

【PR記事 2017.09.11 秋田県仙北市】
710席の「専用劇場」でオリジナル作品を年間300回上映!「わらび劇場」を中心としたアート・ヴィレッジ「あきた芸術村」が凄すぎる。。


「劇団」に対する先入観が吹っ飛びます。。。

「劇団」と聞くと、なんとなく貧乏くさい(失礼!)という先入観は無いだろうか?

まあ、劇団四季のようなごく一部の超有名劇団を除き、多くの劇団は役者稼業だけでは食べていけない、もしくは食べていけたとしても極貧?というネタが、世間一般に十分に?流布してしまったため、多くの人がこうした先入観を持つこと自体、無理もないことだろう。

しかしである。

ココ秋田の、しかもかなりのド田舎(またまた失礼!)に、アッと驚く「専用劇場」を構え、しかも、温泉やらホテルやら地ビールやら、一大リフレッシュゾーンを展開している「劇団」が存在するのをご存じだろうか?

 

 

角館駅より車で7分。他には例の無いアート・ヴィレッジ。

その劇団とは、「劇団わらび座」のこと。

その本拠地は、JR角館駅から車で7分ほどの田園地帯だ。

この地で1974年に誕生した「わらび劇場」は客席数710席、ここで上演されるオリジナル作品は年間300回近くにもなる。

大都市でさえ「小劇場」の経営が難しいというのに、このド田舎(またまたまた失礼!)で、この規模の劇場とは。。。

前述のとおり、劇場を中心とした諸施設は、「他には例の無いアート・ヴィレッジ(芸術村)となっております」とのことだが、それにしても、これだけ奇跡的?な劇団がかなり以前から存在し続けていたことは、あまりにも知られなさ過ぎている!

演劇に興味のある人も無い人も、「他には例の無い」この施設の宿「あきた芸術村 温泉ゆぽぽ」にぜひ。。。

                          By 旅の小坊主
宿泊予約は
あきた芸術村 温泉ゆぽぽ


広 告 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
   


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック