calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

categories

archives

【PR記事 新潟県新潟市】 田んぼのど真ん中に突如出現?した農業体験施設「新潟市アグリパーク」。農業体験をしなくても、ロフト付きシングルや独立型コテージに泊まれる。

【PR記事 2017.04.12 新潟県新潟市】
田んぼのど真ん中に突如出現?した農業体験施設「新潟市アグリパーク」。農業体験をしなくても、ロフト付きシングルや独立型コテージに泊まれる。


郊外には広大な田んぼが広がる政令指定都市・新潟市。

平成の大合併で周辺の多くの市町村を飲み込んだ?新潟市。

政令指定都市にはなったものの、まちなかをちょっと離れると、そこには「田んぼ」が広がっていたりする。

とくに新潟市南区は、人口5万人未満という過疎地帯?で、およそ政令指定都市とは思えない、旧白根市の市街地や国道沿いなどを除くと、多くの部分は、水平線が見えるような田園地帯だ。

そしてその田んぼのほぼど真ん中に、新潟市アグリパークという、かなり風変りが宿が存在する。

 

 

客室はロフト付きシングルと独立型コテージ。
この宿がある場所は、新潟駅から車で30分、最寄りの上塩俵バス停からも徒歩20分という距離。

まさに田んぼのど真ん中にあり、基本的にはクルマが無いと身動きが取れない場所だ。

で、なぜこんな場所に「宿」があるのかと言えば、その名のとおり、この宿、基本的に「農業体験施設」だからである。

施設内には、体験農場や体験畜舎、体験ハウスなどがあり、土日祝日限定ながらも、広大な敷地内では各種農業体験が可能。

また、敷地内にはレストラン(ランチタイムのみ)や直売所などがある。

客室部分はロフト付きシングルと独立型のコテージで、室内にはキッチンがあり、直売所で購入した食材で料理することも可能。

まあ、農業体験や自炊に興味が無い人には縁遠い宿かも知れないが、一風変わった宿?に泊まってみたいという人はぜひ。

                          By 旅の小坊主
予約・問い合わせは
新潟市アグリパーク

広 告 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック