calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

categories

archives

【PR記事 大分県杵築市】 杵築バスターミナルより徒歩1分?のホテルいな里。普通のビジネスホテルのように見えて、客室のお風呂はしっかりと天然温泉。

【PR記事 2017.04.11 大分県杵築市】

杵築バスターミナルより徒歩1分?のホテルいな里。普通のビジネスホテルのように見えて、客室のお風呂はしっかりと天然温泉。


まちの表玄関は、かつては国東鉄道の駅だったバスターミナル。
国東半島のほぼ付け根にあり、谷筋にメインストリートが走る、一風変わった地形の城下町として知られている杵築市。

この杵築というところ、JR日豊本線に杵築駅というのがあるのだが、杵築の中心市街地からは随分と離れていて、駅からマチナカまではバスで移動するとになる(そのバスの本数は結構少ない)。

よって、このまちでは、駅よりも、まちなかにあるバスターミナルの方が明らかに観光の起点となっている感じ。

観光物産館もバスターミナルのすぐ裏手にある。

ちなみにこのバスターミナル、かつては国東鉄道の駅があった場所。

現在では杵築駅方面のほか、大分空港や別府・大分市内へ向かうバスなどが発着している。

 

 

展望大浴場だけじゃなく、客室のユニットバスもしっかりと「温泉」。

さて、そんな杵築のバスターミナルから徒歩1分(実際は1分じゃ着かないかも)という場所に、ホテルいな里という宿がある。

前述の事情から、このまちでは「駅前ホテル」に近い位置付けだ。

この宿、見た目には普通のビジネスホテルで、シングル主体の本館と和室主体の別館がある。

しかし、普通じゃないのが?ココの温泉。

見た目には普通のビジネスホテルながらも、館内には天然温泉の展望大浴場があるほか、本館客室のユニットバスも、蛇口からはしっかりと「温泉」が出る。

天然温泉の大浴場があるビジネスホテルはしばしば見かけるが、さすがに客室のユニットバスでも温泉が楽しめる宿は滅多にお目にかかれない。

一風変わった城下町・杵築でお泊りの際はぜひ。。。。

                          By 旅の小坊主

宿泊予約は
ホテルいな里

広 告 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック