calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

categories

archives

【PR記事 島根県松江市】 松江しんじ湖温泉駅に隣接していながら、一畑電車とは全然連動していないホテル一畑。最上階の展望大浴場から宍道湖を一望!

【PR記事 2017.04.03 島根県松江市】
松江しんじ湖温泉駅に隣接していながら、一畑電車とは全然連動していないホテル一畑。最上階の展望大浴場から宍道湖を一望!


地元電鉄資本による、性格が真逆な?2つのホテル。
一畑グループと言えば、山陰では唯一の地元電鉄資本。

本体企業は持ち株会社へと移行し、鉄道自体は一畑電車へと分社化されたが、グループ全体では不動産や百貨店、ホテルなども手掛け、当然のことながら地元ではその存在感は大きい。

このうちホテル事業は、一畑電車の両端・松江しんじ湖温泉駅と電鉄出雲市駅で2つの施設を運営している。

ただし、電鉄出雲市駅のツインリーブスホテル出雲が駅直結のシティホテルであるのに対し、松江しんじ湖温泉駅のホテル一畑は、駅にほぼ隣接しているにも関わらず、駅にはソッポを向いている。

まあ、その位置関係を見れば、駅とは反対側の宍道湖に面した南側がホテルの正面にはなるし、そもそも松江しんじ湖温泉駅自体、一畑電車の起点とは言っても、あ〜んまり拠点性がある駅とは言えないので、駅と直結・連動する意味はあまり無いのかも知れない。

実際、宿の交通案内を見ても、松江しんじ湖温泉駅からの案内は無く、JR松江駅からバス〇〇分、との表記になっている。

同じ一畑グループなのに、親会社に対してなんと非道なことか(笑)。

 

 

温泉街にあるシティホテル。1泊3食付きのプランも。

さてこのホテル、近年になって、阪急阪神第一ホテルグループに加盟した。

とくに資本関係は無いようだが、集客面などでは大手の傘の力を借りるということらしい。

で、宿の中身はどんな感じかと言うと、温泉街にあるシティホテル、といった感じ。

客室はツインなどの洋室が中心で、最上階には宍道湖を見渡す展望大浴場がある。

料理については、会席料理やイタリアンのコースなど、そこそこ豪勢な感じで、昨今ではプレミアムフライデーを当て込み、翌日の昼食まで付いた1泊3食付きプランなんてのも始めていた。

なお、宿泊プランでは宍道湖を望む部屋と、松江城を望む部屋を選ぶことができる。

松江城を望む部屋は、一畑電車が見える可能性が高いが、トレインビューとは謳っていない。

これまた、なんと親会社に対して非道なことか(笑)。

この非道っぷり?確かめてみたい、というトレインビューマニアの人はぜひ。。。

                          By まちおこし編集長

宿泊予約は
ホテル一畑

広 告 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
    


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック