calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

categories

archives

【PR記事 岩手県二戸市】 夕食に「選べる3種のホテル弁」プランがある「二戸シティホテル」。お勧めはやはり、岩手短角和牛を使用した駅弁「しぐれ煮弁当」?

【PR記事 2019.07.04 岩手県二戸市】
夕食に「選べる3種のホテル弁」プランがある「二戸シティホテル」。お勧めはやはり、岩手短角和牛を使用した駅弁「しぐれ煮弁当」?

 

「弁当」を出す宿が増えている理由。
このサイトでもたびたび取り上げてはいるのだが、近年、ニッポンの宿泊業界では「お弁当の宿」が増えており、しかもそれらの宿は密かに?人気を博している。

「お弁当の宿」が増えている理由は、大きく分けて2つだろう。

一つ目は、客室数の少ない簡易宿所の増加や、業界全体の人手不足などにより、宿側に料理をつくる「余裕」が無くなってきたこと。

食事を出すにしても、「外注」の弁当屋に頼んだ方が手っ取り早い、というワケである。

二つ目は、仕事などで客室内に「こもる」人が増えたこと。

ある種、セルフルームサービス?の需要が増えたことで、「積極的」に弁当を提供しているホテルも目立つようになってきた。

 

 

これなら、部屋に「おこもり」の夕食も楽しみ?
さて、BENTOと言えば今や、ニッポンを代表する食文化のひとつだ。

宿側の積極的な動機であれ、消極的な動機であれ、「映える」弁当や、「美味しい」弁当がある宿が「ウケる」のは自然の流れかも知れない。

ここ二戸市の中心市街地の一角に建つ二戸シティホテルも、そんな弁当押し?な宿のひとつだろう。

まあ、宿自体は、地方都市にはありがちな小規模シティホテルといった感じなのだが、宿泊プランを見ると、夕食に「選べる3種のホテル弁」を組み込んだ商品を販売している。

3種類とは「しぐれ煮弁当」「和風弁当」「洋風弁当」のことで、岩手短角和牛を使用した駅弁「しぐれ煮弁当」がお勧めといったところだろう。

確かに、この弁当だったら、部屋でゆっくり食べたいものだ。

夕食のために外出なんてめんどくさい、という人はぜひ。。。

                          By 旅の小坊主

宿泊予約は
二戸シティホテル


広 告 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
   


| 1/43PAGES | >>