calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

categories

archives

【PR記事 青森県東北町】 日本一真っ黒い温泉!青い森鉄道「乙供(おっとも)」駅より徒歩5分の東北温泉は、お湯も料理も黒づくめ?

【PR記事 2017.02.20 青森県東北町】
日本一真っ黒い温泉!青い森鉄道「乙供(おっとも)」駅より徒歩5分の東北温泉は、お湯も料理も黒づくめ?

 

壮大な名称?の由来は、誇張しているからではなく?「東北町」にあるから。
青い森鉄道(旧東北本線)の乙供(おっとも)駅より徒歩5分という場所に、東北温泉という、なんとも壮大な?名前の温泉宿がある。

客室数6室の小さな温泉宿にしては、随分と大きく出たな(笑)と思いきや、そもそもこの宿がある場所自体が「青森県東北町」という、もともと壮大な自治体なのであった。

かつて、東北本線を経由し、18切符「だけ」で東京から北海道へ移動できた頃、始発で上野を出発すると、どうにか当日中に青森に到着できるスケジュールが組めたものだが、そう言えば終点間近にそんな町があったな、という記憶が残っている。

ただこの温泉宿、印象的なのはその名称だけではない。

実は、何から何まで「黒づくめ」で知られている、濃い〜感じの宿なのであった。

 

 

温泉のお湯、建物の外壁、料理、ついでに「金魚ねぶた」まで黒ずくめ。。。

何が真っ黒かと言うと、まずは温泉のお湯。

ココのお湯は、植物性のモール温泉で、日本のモール温泉の中でも「最も色が黒い温泉」ということらしい(岩手大学・成田栄一教授の分析評価)。

次いで真っ黒なのが、建物の外壁。

さすがに壁面全てが真っ黒というワケではないが、建物の「顔」と思しき部分は、「黒い温泉」を強調するかのような黒さなのである。

料理についても、やはり真っ黒けっけではないものの、「黒づくめ御膳」なんてのがあり、「黒こんにゃくおでん」や「竹炭入り茶碗蒸し」などの真っ黒系料理が名物?になっている様子。

さらにさらに、館内に置かれている「金魚ねぶた」まで真っ黒だ(笑)。

この「黒い温泉」、様々な効能があるらしく、基本的には日帰り入浴施設に宿泊施設を「併設」した施設のため、地元近隣からの利用が多い。

この地に18切符「だけ」でたどり着くことはできなくなってしまったが、なんたって駅近の温泉だし、少々変わった温泉でまったりしたい人にはお勧めかも。。。

                    by 元 炎の列島縦断トホダー
予約・問い合わせは
東北温泉

広 告 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
   


| 1/32PAGES | >>