calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

categories

archives

【PR記事 長崎県長崎市】 客室から軍艦島が見える唯一の宿「野母崎炭酸温泉Alega軍艦島」。軍艦島までは船でわずか10分、クルーズ船も上陸観光もアリ。

【PR記事 2017.06.21 長崎県長崎市】
客室から軍艦島が見える唯一の宿「野母崎炭酸温泉Alega軍艦島」。軍艦島までは船でわずか10分、クルーズ船も上陸観光もアリ。


対岸の野母崎で、宿名に「軍艦島」を冠する宿。
軍艦島(端島)と言えば今や、長崎を代表する観光資源のひとつ。

コンクリートジャングルの要塞のようなその姿は、重苦しい歴史を背負いつつも、訪れる人を惹きつけて止まないのである。

しかしご承知のとおり、この島は基本的には「廃墟」。

立ち入りはある程度制限されているし、上陸するには、基本的に何がしかの「ツアー」に参加しなければならない。

ところがである。

ここ長崎には、野母崎炭酸温泉Alega軍艦島という、軍艦島の名を冠した宿泊施設が存在していた。

もちろん、この宿、軍艦島の島内に建っているワケではないのだが、この宿が軍艦島を冠するには、しっかりとした理由があった。

 


クルーズ船なら1人2,500円。宿の近くには軍艦島資料館も。
この宿が建っている場所は長崎市野母崎。

軍艦島からは、船で10分ほどの対岸だ。

実は、客室から軍艦島が見える唯一の宿なのである。

しかも、同館下の桟橋からは、軍艦島へ向かう上陸観光船や、上陸せずに周囲を船から見学するクルージング船が出航しており、軍艦島までの所要時間は10分とあって、船が苦手な人にもおすすめのルートだ。

なお、クルージング船は40分のコースで1人2,500円、上陸観光は4名以下が1隻2万4,000円、5〜7人では1人あたり5,250円など。

ちなみに、同館から車で1分の総合運動公園内には軍艦島資料館なんてのもある。

さすがに上陸観光となると、ある程度の人数でないとかなり割高になってしまうが、目的地を軍艦島一本に絞るのなら、これ以上の宿は無いかも。。。

                          By 旅の小坊主
予約・問い合わせは
野母崎炭酸温泉Alega軍艦島


広 告 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
 

 


| 1/33PAGES | >>