calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

categories

archives

【PR記事 佐賀県武雄市】 敷地内に美術館と日本庭園がある「武雄センチュリーホテル」。あくまでも「静寂」を楽しむ温泉ホテル?

【PR記事 2019.08.27 佐賀県武雄市】
敷地内に美術館と日本庭園がある「武雄センチュリーホテル」。あくまでも「静寂」を楽しむ温泉ホテル?


昭和の温泉旅館は、「騒ぐ場所」だった?
昭和の頃の温泉旅館・温泉ホテルの付帯施設と言えば、大浴場や露天風呂、お食事処にお土産店、カラオケに卓球?といったところが定番だった。

近年ではこれらに加え、ある程度大規模な温泉旅館では、エステやフィットネスなんてのも定番化してきている。

これらの施設は、お風呂はさておき、どちらかと言えば「動的」で騒々しい印象が強いかもしれない。

もちろん、こうした騒々しさも温泉旅館の魅力のひとつではあるのだが、中には「静的」な付帯施設を売りにしている宿もある。

武雄温泉にある武雄センチュリーホテルもそのひとつだろう。

 

 

美術館に日本庭園、お抹茶体験が可能な茶屋も。
で、この宿の大きな特徴となっているのが、中国陶磁器を中心に展示している施設「陽光美術館」と、兼六園も手掛けた中根金作氏が作庭した池泉回遊式日本庭園「慧洲園」である。

まあ、日本庭園を構えた温泉旅館や婚礼中心のホテルは珍しくないものの、この種の美術館を併設している宿というのは珍しい。

さらに、敷地内にある甘味処「みふね茶屋」は、お抹茶体験(要予約)ができる他、お茶やコーヒーを気軽に楽しめる場所ではあるが、こちらもどちらかと言えば「静寂」を楽しむ場所っぽい。

温泉旅館・温泉ホテルで美術館と日本庭園、静寂のひとときを堪能してみたいという人はぜひ。。。

                           By 旅の小坊主
宿泊予約は

武雄センチュリーホテル

 

広 告 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
 


| 1/44PAGES | >>