calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

categories

archives

【PR記事 高知県四万十町】 いくらなんでも、この「トレインビューっぷり」は反則だろ(笑)。予土線「十川」駅より徒歩8分の「かっぱバックパッカーズ」が面白すぎる。。。

【PR記事 2016.11.28 高知県四万十町】
いくらなんでも、この「トレインビューっぷり」は反則だろ(笑)。予土線「十川」駅より徒歩8分の「かっぱバックパッカーズ」が面白すぎる。。。


トレイビューな宿は、マチナカのホテルだけじゃない。

相変わらず、客室や共用部分から鉄道が見える「トレインビュー」な宿が全国的に人気だ。

その多くは都市部に立地するホテルなのだが、中にはとんでもないド田舎(失礼!)でトレインビューを謳っている宿もある。

2016年7月にオープンしたばかりのかっぱバックパッカーズもそのひとつだ。

この宿がある場所は、JR予土線の十川駅から徒歩8分。

写真を見てのとおり、殆ど宿の裏庭?みたいなところにJR予土線が走っている。

ちなみに、道路を挟んですぐ反対側には、四万十川が流れている。

 

 

本数は少ないが、登場する列車は個性は揃い?

それにしても。。。線路までは手が届くような距離。

かなりのローカル線だけに、目の前を通過する列車は上下合わせて1日14本のみ。

しかし、新幹線0系を模した「鉄道ホビートレイン」や、かっぱをラッピング?した「かっぱうようよ号」、トロッコ列車「しまんトロッコ」など、その「希少な」通過列車が面白過ぎるのである。

まあ、その多くは1両編成なので、あっと言う間に通過しちゃうんだろうけど(笑)。

ちなみに宿自体はどんな感じかと言うと、これまた写真を見てのとおり、かなり年季が入った建物で、客室は洋室や畳間に布団を敷く形のドミトリーのみ(1泊3,000円)。

少々風変わりな「鉄旅」を検討中の人はぜひ。。。

                          By 旅の小坊主
 

購入は
かっぱバックパッカーズ

広 告 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
   

 


| 1/34PAGES | >>