calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

categories

archives

【PR記事 香川県高松市】 「あなぶきグループ」が仕掛ける民泊施設「Alphabed サンポート高松」。他所ではちょっと泊まれない?ロフト付きの一風変わった間取りが面白い。

【PR記事 2019.07.25 香川県高松市】
「あなぶきグループ」が仕掛ける民泊施設「Alphabed サンポート高松」。他所ではちょっと泊まれない?ロフト付きの一風変わった間取りが面白い。


マンションの穴吹は、もう終わった?
穴吹(あなぶき)と聞くと、香川県以外の人でも、かつての分譲マンションブランド「サーパスマンション」を思い浮かべる人も多いだろう。

確かに、サーパスマンションを展開した高松の穴吹工務店は、東京や大阪以外の「地方都市」発祥のマンションディベロッパーとしては数少ない「全国展開」を果たした存在だった。

しかしご存知のとおり、その穴吹工務店は近年、経営破綻し、大京の子会社になっている。

穴吹はもう終わった、と思っている人も少なくない。

 

 

民泊事業を開始した「もうひとつの穴吹」。
しかし、これまた業界の人なら常識ではあるが、ココ高松には、穴吹工務店とはもともと同族ながらも、途中で枝分かれし、全く別の道を歩んできた、もうひとつの穴吹が存在する。

穴吹興産を中心とする「あなぶきグループ」だ(正確に言うと、穴吹興産系の穴吹興産グループと、あなぶきハウジングサービスグループの総称)。

こちらの現存する「あなぶきグループ」は、「アルファ」ブランドの分譲マンションを展開しており、穴吹工務店とはむしろ競合する関係だったが、最近になってそのリソースを活用し、民泊事業も開始している。

JR高松駅至近のAlphabed サンポート高松もそのひとつだ。

 

 

ロフト付きに、炭火焼き?3段ベッド?
さて、このAlphabed サンポート高松という宿、建物の外観を見る限りでは、いかにも普通のマンションといった感じ。

1階にはタクシー会社が入居しており、宿泊の受付もここで行う形となる。

で、客室はどんな感じかと言うと、外観のイメージとは異なり、普通のマンションの1室にあらず。

間取りはロフト付きのペントハウス(52.9屐砲如定員は7名。

子供連れ?向きの3段ベッドがあるタイプと、リビングには炭火焼きのような設備?があるタイプがある。

当然、どちらのタイプにもキッチンはあるし、バス・トイレも独立タイプだ。

仕掛け人があなぶきグループだけに、マンションのモデルルームに泊まるような感覚なのかも。

さすがに1〜2名での利用だとかなり割高になるが、高松で7人までのグループで泊まる予定がある人はぜひ。。。

                          By まちおこし編集長
宿泊予約は
Alphabed サンポート高松


広 告 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
 

 


| 1/43PAGES | >>