calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

categories

archives

【PR記事 山口県岩国市】 圧巻!ツーリズムEXPOに登場した100人前の「岩国寿司」。鉄板の郷土料理は、岩国の旅館・ホテルでどうぞ。

【PR記事 2017.09.25 山口県岩国市】
圧巻!ツーリズムEXPOに登場した100人前の「岩国寿司」。鉄板の郷土料理は、岩国の旅館・ホテルでどうぞ。

 

決して大きなブースじゃないのに、目立ち過ぎ。。。
2017年9月21日〜24日、世界最大級?という旅行業界の展示商談会「ツーリズムEXPO2017の会場」が東京ビックサイトで開催された。

今年は、主催者が相当に気合い?を入れていたようで、昨年よりも出展者・商談申し込みともに大幅に増加。

当方は一般公開に先立ち、メディア・事業者向けに公開された会場を取材したのだが、各ブースとも、「仕入れ」に訪れていた旅行会社担当者などで結構賑わっていた。

さて、広い会場内にあって、決して大きなブースではないのだが、なぜだか、妙〜に存在感のある「置き物」を発見。

岩国市のブースに置いてあった「100人前」の岩国寿司である。

 

 

「元祖岩国寿司の宿」では、寿司飯に魚のすり身入り。

岩国寿司とは、江戸時代に岩国藩主吉川氏に献上して喜ばれたことから、別名「殿様寿司」とも呼ばれている郷土料理。

寿司飯と具を交互に重ね、絶妙の力加減で仕上げる押し寿司なのだが、同じ岩国寿司でも、店によって味や見た目がかなり違うらしい。

会場に置いてあった「100人前」は、さすがにホンモノではなく食品サンプルだったが、まあ、それにしても凄い迫力である。

実際のところ、100人前を注文する人が居るのかは不明だが、岩国寿司自体は、現地の旅館・ホテルなどで普通に食べることが可能だ。

中でも、錦帯橋の少し手前にある三原家は「元祖岩国寿司の宿」を謳っている。

甘めの寿司飯に、大葉や穴子、椎茸、錦糸卵など色とりどりの具を挟むスタイルはまさに岩国寿司といった感じなのだが、同館では寿司飯に魚のすり身を混ぜ込んでいるのが特徴だという。

 

 

錦帯橋の目の前では、冗談のような?ソフトクリーム対決も。

もちろん、岩国寿司自体は三原家の専売特許?ではなく、市内では複数の旅館・ホテルが夕食に提供している。

何れの宿も、岩国寿司単品ではなく、郷土料理会席の一皿として提供するパターンが一般的だ。

また、市内では、岩国寿司をランチなどで提供している飲食店も少なくない。

実はこの岩国というところ、見た目にも華やかな岩国寿司以外にも、意外な?名物があったりする。

例えば、錦帯橋を渡ってすぐ、「佐々木屋小次郎商店」と「竹の里むさし」の2店が覇を競うという、日本一種類が多い(100種類以上?)ソフトクリーム。

どちらも冗談みたいな?店名だが、岩国を訪れた際は、鉄板の岩国寿司と合わせてぜひ。。。

                          By まちおこし編集長

宿泊予約は
元祖岩国寿司の宿 三原家

岩国寿司を提供している宿


広 告 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
 


| 1/35PAGES | >>