calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

categories

archives

【PR記事 福井県永平寺町】 コンセプトは「旅館と宿坊の中間に位置する施設」。藤田観光が仕掛けた、肉も魚もお酒もOKな「永平寺 親禅の宿 柏樹関」。

【PR記事 2020.10.23 福井県永平寺町】
コンセプトは「旅館と宿坊の中間に位置する施設」。藤田観光が仕掛けた、肉も魚もお酒もOKな「永平寺 親禅の宿 柏樹関」。

 

計画段階から話題になっていた施設。
2019年7月、永平寺の門前に「永平寺 親禅の宿 柏樹關(はくじゅかん)」という、一風変わった宿泊施設がオープンした。

宿名で「永平寺」を名乗っているのだから、いわゆる「宿坊」なのだろう、と思いきや、これが違うのである。

そのコンセプトは「旅館と宿坊の中間に位置する施設」で、仕掛け人は椿山荘や箱根小涌園、ワシントンホテルで知られている藤田観光だ。

普通に考えたら、ん?あの藤田観光が何故に「宿坊もどき」の宿を手掛けるんだ?と勘ぐりたくもなるのだが、この施設、計画段階から比較的詳細なアナウンスが流されていたため、施設のオープン自体はあまり大きなインパクトは無かったように思われる。

 

 

宿坊の雰囲気でも旅館クオリティー?

で、その中味なのだが、客室数は全18室。

館内には男女別の大浴場とレストランがあり、レストランでは永平寺が「監修」する精進料理などを提供する。

建物には、大本山永平寺の敷地内から切り出した「永平寺杉」を使用、坐禅などの体験もできることから、雰囲気自体はほぼ「宿坊」っぽい。

ただし、客室は基本的に質素な宿坊ではなく旅館のクオリティだし、料理についても精進料理オンリーではなく、国産牛しゃぶしゃぶコースやすき焼き鍋コース、海鮮溶岩焼きコースなんてのもあり、越前の銘酒まで登場、生臭坊主全開だ(笑)。

いや、それを批判してるんじゃないよ。

「旅の小坊主」は、こんなひねくれた(失礼!)宿が心底大好きです。

                          By 旅の小坊主
宿泊予約は

永平寺 親禅の宿 柏樹關


広 告 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
   


| 1/49PAGES | >>