calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

categories

archives

【PR記事 富山県黒部市】 黒部市は、宇奈月温泉や黒部峡谷だけじゃない!黒部市は「産業観光」の宝庫だった。第三セクター・あいの里とやま鉄道に乗ろう。

【PR記事 2017.04.28 富山県黒部市】
黒部市は、宇奈月温泉や黒部峡谷だけじゃない!黒部市は「産業観光」の宝庫だった。第三セクター・あいの里とやま鉄道に乗ろう。


新幹線「黒部宇奈月温泉」駅からは、微妙な位置関係?
北陸新幹線の金沢延伸で観光客が増えた(とされている)富山県。

しかし一方、新幹線の開業と同時に、それまで「幹線」だった並行在来線は突如、第三セクター鉄道として切り離され、閑散としたローカル線になってしまった。

というワケで、このサイトでは「その切り離された方」の沿線を極力応援することにした(笑)。

例えば、新幹線の新駅「黒部宇奈月温泉」が設置された黒部市。

黒部宇奈月温泉駅は、富山地方鉄道と接続しているので、既存の鉄道と隔絶された新駅ではないのだが、現あいの風とやま鉄道(旧JR)の黒部駅へ向かうには、富山地方鉄道の電鉄黒部駅で下車し、15分(google地図計測)ほど歩くことになる。

 

 

「黒部」から1駅の「生地」駅周辺は産業観光ゾーン?

で、その黒部駅前なのだが、ココ自体にはとくに観光スポットがあるワケではない。

駅から北方へ25〜30分(google地図計測)ほど歩くと、黒部市美術館などがある広大な公園があるが、実は黒部駅からあいの里とやま鉄道で1駅隣りの生地(いくじ)駅まで移動すると、ここが結構な?観光スポット満載な場所だったりする。

まずは、駅から南へ徒歩約10分のプラネタリウム・黒部市吉田科学館、そして線路を挟んで反対側にあるYKKセンターパーク。

ココはYKKの企業博物館なのだが、広大な庭園やカフェなどもあり、産業観光という点では、結構見ごたえがあったりする。

あと、駅から歩くと30分ほどかかりそうなので、徒歩客にはややキツいが、クルッと横に回転する珍しい可動橋・生地中橋なんてのもある。

 

 

黒部駅前のシティホテル。無料朝食も開始。
さて、そんな黒部での宿だが、黒部駅のほぼ真ん前に、
ホテルアクア黒部という宿がある。

客室数は33室と小規模ながらも、レストランや宴会場などを完備したシティホテルだ。

2017年4月には中華レストランもオープンした。

基本素泊まりのみだが、同じく2017年4月からは、おにぎり・バン・サラダ・みそ汁・コーヒー・ジュースなど「簡素な無料朝食」の提供も開始している。

宿泊料金はちいと高めか(シングル6,804円〜、2017年4月28日現在)。。。

黒部で産業観光にどっぷりと浸かりたい人や、あいの里とやま鉄道応援団?の人はぜひ。

                          By まちおこし編集長                         

予約・問い合わせは
ホテルアクア黒部

広 告 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
    


| 1/33PAGES | >>