calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

categories

archives

【PR記事 富山県富山市】 ホステルらしからぬ?立派なビルに入居する「いるかホステル」。「角部屋の個室」は冬季限定の「訳あり部屋」に。

【PR記事 2019.02.20 富山県富山市】
ホステルらしからぬ?立派なビルに入居する「いるかホステル」。「角部屋の個室」は
冬季限定の「訳あり部屋」に。
 

地上10階建、正面ガラス張りの公益系ビルに入居。

近年、全国で急速にその数が増えている相部屋(ドミトリー)中心のゲストハウスやホステルと言えば、中小規模の古い建物をリノベーションした宿、もしくは新築でも小規模な建物、というイメージが強い。

まあ、それはそれで魅力的ではあるのだが、ココ富山には、こうした先入観を覆す?「物件」が存在していた。

2018年7月、富山駅北口より徒歩6分という場所にオープンした「いるかホステル」がそれである。

この宿が入居する「ボルファートとやま」という建物は、地上10階建て・正面がガラス張りという、恐ろしく立派な?公益系のビルだ。

一見すると、2段ベッドが並ぶホステルが入居している建物には、とても思えない(笑)。

 

 

眺望良好な角部屋=冬季は寒すぎる訳アリ部屋?

で、宿自体はどんな感じかと言うと、まあ、いかにも今様な洒落た感じのドミトリー中心のホステルなのだが、ビルの特性?からか、少々変わった個室「森の部屋」が存在する。

この「森の部屋」、定員4名の角部屋で、公園に面しているため眺望は良いものの、角部屋ゆえに窓面が多いことから、冬季は冷え込みが厳しいらしい。

よって、普通に考えたら相部屋よりも条件は良さそうなのだが、冬季間は「訳アリ部屋」として割安料金で提供しているのである。

ホステルらしからぬ?建物に入居する、ホステルらしからぬ?訳アリ部屋に泊まってみたい人はぜひ。。。

                          By 旅の小坊主
宿泊予約は
いるかホステル


広 告 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
    


| 1/41PAGES | >>