calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

categories

archives

【PR記事 岐阜県多治見市】 多治見駅前では唯一のホテル?ごく普通のリーズナブルなビジネスホテルの存在が有難い「ホテルトーノー」。

【PR記事 2017.06.28 岐阜県多治見市】

多治見駅前では唯一のホテル?ごく普通のリーズナブルなビジネスホテルの存在が有難い「ホテルトーノー」。

運営主体は変わっても、ホテルの名称は変わらず。
多治見市と言えば、かつては窯業の集散地として、現在は名古屋のベッドタウンとして発展してきた場所。

駅周辺にはそれなりに商業施設などが立ち並び、市内にはホテルの数もそれなりにあることはあるのだが、どういうワケか、「駅前」でホテルを探すとなると、南口徒歩2分のホテルトーノーしか見当たらないのである。

このホテル、どこにでもありそうな普通のビジネスホテルなのだが、駅の近くに宿が見当たらないこのまちでは、なんたって有難い存在だ(笑)。

もともとは地元の独立系ホテルだったのだろうけど、いつの頃からか、ホテル事業再生会社のKOSCO INNグループに入っている。

もっとも、KOSCO INN自体は、施設を居抜きで借り上げ、施設自体の土地建物は保有せず、既存のオーナーによる所有を継続させる運営方式のため、ホテルの名称自体は変わっていない。

 


近くに競合が無いにも関わらず、有難い料金設定?
さて、ホテルの中身なのだが、ホテルの名称から内部のオペレーションまで、ごっそり変えてしまう某事業継承系のホテルチェーンとは異なり、KOSCO INNグループに入ったからと言って、劇的に変わったという印象は無い。

客室には32型VOD対応大型液晶TVなどが導入されているものの、内装・インテリアは旧来のままっぽいのである。

無料の朝食バイキングは、昨今のビジネスホテル業界の朝食ウォーズ?を考えると、これまたシンプルであっさりした感じ。。。

なお、これまた目新しいものではないが、24時間フリードリンク、無料の貸し自転車なんてのもある。

ただ、駅前に競合ホテルが存在しないにも拘わらず、宿泊料金はシングルで1泊4,400円〜(2017年6月28日現在)と、結構抑え目な感じなのは好印象かも。。。

このまちでも、郊外の幹線道路沿いまで行けば他にもホテルはあるのだが、多治見でホテルと言えば、とりあえずココでしょ。

                           By 旅の小坊主
予約・問い合わせは
ホテルトーノー

広 告 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
 

 


| 1/32PAGES | >>