calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

categories

archives

【PR記事 新潟県南魚沼市】 露天風呂から望む、一風変わった絶景?「六日町温泉郷 ほてる 木の芽坂」の、この1枚の写真が妙〜に印象に残る。。。

【PR記事 2020.08.13 新潟県南魚沼市】
露天風呂から望む、一風変わった絶景?「六日町温泉郷 ほてる 木の芽坂」の、この1枚の写真が妙〜に印象に残る。。。

 

偶然の産物?なんとも不思議な?1枚の写真。

宿泊施設に限ったことではないが、その商品やサービスを訴求するにあたり、必殺技の写真(キラーフォト)を大きく打ち出している例は少なくない。

宿泊施設で言えば、その多くは、美味しさが溢れそうな料理、露天風呂から望む絶景、洒落た内装の客室などだ。

さて、ココ南魚沼市六日町に六日町温泉郷 ほてる 木の芽坂という、一風変わった?キラーフォトを披露している宿がある。

その写真とは、露天風呂から望む絶景なのだが、手前にはうっすらと雪が残るあぜ道と田んぼ、遠方には山並み、その山並みと平地の境界線付近に広がる雲海、そしてその上空には、うろこ雲を携えた青空、しかも空の中央には白く輝く太陽。。。

恐らくは春先の、極めて限られた時期に、これまた極めて限られた気象条件でしか撮影できない1シーンのように見える。

 

 

新潟だから、料理が美味いのは当たり前?

まあ、この景観が絶景なのかと言えば意見が分かれるところだろうけど、このなんとも不思議な感じの写真は、妙〜に印象に残るのである。

もちろん、季節や時間帯、気象条件が揃わなければこうした景観には遭遇できないワケで、この1シーンに出会うために泊まってみよう!というのは少々酷かも知れない。

とは言え、春夏秋冬、この宿の露天風呂から望む景観には、なんだか期待してみたくなったりもする。

ちなみにこの宿、売りにしているのは、この露天風呂だけでなく、山海の恵みをふんだんに使用した料理だったりもする。

まあ、天下の新潟?だから、米を中心に美味いものはいくらでもあるので(笑)、料理が美味いのはこの宿に限ったことではないのだろうけど。。。

何れにしても、このサイトでは珍しく、たった1枚の写真だけで泊まってみたい、と思えてしまった宿なのであった。

                          By 旅の小坊主

宿泊予約は

六日町温泉郷 ほてる 木の芽坂


広 告 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
 


| 1/48PAGES | >>