calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

categories

archives

【PR記事 茨城県ひたちなか市】 茨城が世界に誇る?サザコーヒー。東京で開催されたイベントで、鈴木太郎代表にドリップパック(カップオン)の淹れ方を直接伝授してもらった結果。。。

【PR記事 2019.05.07 茨城県ひたちなか市】
茨城が世界に誇る?サザコーヒー。東京で開催されたイベントで、鈴木太郎代表にドリップパック(カップオン)の淹れ方を直接伝授してもらった結果。。。


1杯3,000円?コーヒーの頂点「ゲイシャ」。
2019年4月26日、JR東京駅前のKITTE内にあるザザコーヒーKITTE丸ノ内店で、コーヒーイベント「ゲイシャ村まつり」が開催された。

ゲイシャとは、コーヒー業界を揺るがす高級品。

イベント当日は、日本一のバリスタや世界一のサイフォニストなどが腕を振るい、試飲では様々な種類のゲイシャが惜しげも無く?試飲で振る舞われ、ほぼ終日、サザコーヒーの鈴木太郎代表によるマシンガントークで盛り上がった。

ちなみにザザコーヒーKITTE丸ノ内店は日本(もしかして世界?)で唯一のゲイシャ専門店。

コーヒー1杯が1,000円〜3,000円という世界である。

 

 

劣化版?ドリップパックなら1杯400円。
さて、鈴木代表によるトークは、エチオピアやパナマなど産地の話、コーヒー豆そのものの話、焙煎の話、淹れ方の話、お店を出店した経緯の話など、終日尽きることが無かったのだが、いくら強烈に美味いとは言え、さすがに1杯1,000円〜3,000円のコーヒーはそうそう頻繁に飲めるもんじゃない。

しかしである。

さすがにバリスタやサイフォニストが淹れる1杯とまではいかないが、このお店では、1杯400円×3セットのドリップパック(カップオン)も販売していた。

ピンのゲイシャ豆からすればやや「劣化版」とのことなのだが、会場ではなんと、鈴木代表が直接、ドリップパックの淹れ方を「伝授」したのである。

 

 

意外?美味しく淹れるコツは「お湯の量」。
その淹れ方のコツとは、意外にも「お湯の量」にあった。

その淹れ方とは、紙コップを2つ用意し、1つの紙コップに1杯分のお湯を入れ、2つめの紙コップにドリップパックをセットし、1つめの紙コップからそのままお湯を注ぐだけ。

細口のコーヒーポットも使用しなければ、神経質にお湯の温度を測ってもいないのである。

こちらのドリップパックは量が12gと多めなので、コーヒーカップよりも大きめのマグカップでも十分に味が出るとのことだった。

ちなみに、この会場で注がれたお湯は90度弱、ドリップパックに記載された推奨温度は85度。

で、その味はどんな感じかと言うと、鈴木代表が言うとおり、「ハンドドリップで淹れる下手なレギュラーコーヒーよりも美味しい」。

 

 

下手なレギュラーコーヒーよりも美味い?
そして問題は、会場で飲んだ味を家でも再現できるかどうかである。

早速、パナマゲイシャ、コロンビアゲイシャ(サザコーヒー直営農園)、エチオピアゲイシャの3種類を家でも同じように淹れてみた。

やはり、「層の厚さ」が半端じゃない!

ドリップパックと言うと、そこそこ「美味しい」商品であっても、味自体が薄く感じられたり、「層の厚さ」がペラペラだったりして、まあ、所詮はこれが限界か、と思っていただけに、劣化版とは言え、さすがゲイシャなのである。

ピンのゲイシャにかなわないのは、「香り」と「甘さ」くらいだろうか。

まさに、「ハンドドリップで淹れる下手なレギュラーコーヒーよりも美味しい」。

1杯3,000円は手が出ないが、400円で限りなくそれに近い?体験を味わってみたい、という人はぜひ。。。

                          By まちおこし編集長

ドリップパックの購入は

SAZA COFFEE WEB SHOP


サザコーヒーの豆はAmazonでも購入できます
サザコーヒー レギュラーコーヒー

パナマゲイシャブレンド豆200g


広 告 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
 


| 1/42PAGES | >>