calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

categories

archives

【PR記事 栃木県那須塩原市】 栃木県北部の「ダダッ広い玄関口」那須塩原駅。殺風景な駅前ながらも駅前にはホテルが2軒、思いのほか食事処も豊富。

【PR記事 2017.11.17 栃木県那須塩原市】
栃木県北部の「ダダッ広い玄関口」那須塩原駅。殺風景な駅前ながらも駅前にはホテルが2軒、思いのほか食事処も豊富。


今や、市の名称にまでなってしまった「妥協の産物」。
東北新幹線の「那須塩原」駅が開業したのは1982年のこと。

この那須塩原駅、もともとは東北本線の旧東那須野駅という、特急すら止まらない在来線の小さな駅だったのだが、両隣りの特急停車駅・西那須野駅と黒磯駅による「綱引き」の結果、その中間にあった旧東那須野駅に突如、新幹線の巨大な駅が併設されたことで知られている。

その後、「綱引き」の当事者だった西那須野町と黒磯市は、平成の大合併で「那須塩原市」となった。

言わば、「妥協の産物」として誕生した那須塩原駅が、市の名前にまでなってしまったのである(笑)。

ただし、この那須塩原駅、新幹線の本数は、朝の通勤・通学の時間帯以外は1時間に1本程度。

駅前一帯はダダッ広く区画整理されているが、未だに未利用地も多く、なんだか殺風景な印象は拭えない。

 

 

駅前にあるホテルは、西口・東口に1軒づつ。

そもそもこの駅は、塩原温泉や那須高原へ向かう「玄関口」。

駅周辺に目立った観光地があるワケではないのである。

むしろ、「リゾート通勤」を謳ったマンションや宅地分譲の方が盛んらしく、駅前には「いかにも」という不動産屋さんも。。。

よって、「那須塩原市の宿」などで検索すれば分かるが、「市内の宿」の大部分は、駅から遠く離れた場所にある。

かろうじて?駅前にある宿は、表玄関となる西口より徒歩3分の那須ミッドシティホテルと、駅裏っぽい雰囲気の東口より徒歩1分の那須塩原ステーションホテルのみ。

まあ、殺風景な駅前にホテルが2軒もあれば、まあよしとするか、と言えばそれまでだけど。。。

 

 

殺風景な駅前でも、思いのほか、食事には困らない?

さて、その2軒のうち、那須ミッドシティホテルは、まあ、小綺麗にまとまったビジネスホテルといった感じで、レストランではランチ・ディナーの営業も行っている。

一方、那須塩原ステーションホテルは、ショボい外観(失礼)ながらも、全室が25岼幣紊塙く、和室・洋室ともにかなり個性的な「間取り」が特徴で、こちらは基本、朝食のみの提供となる。

ところで、駅周辺は殺風景・・・とは言ってみたものの、実は思いのほか食事処は多い。

とくに、西口を出てすぐ左手にあるレストランシルクロードは、ステーキ・生姜焼き・とんかつ・ハンバーグ・ピザ・スパゲティ・日本そばなどメニューが豊富で、アルコール類・コーヒー・パフェなどもあり、幅広く使える店だったりする。

この駅周辺に「直接」用がある人は少ないかも知れないが、なんたって新幹線がある駅。

旅の途中で1泊、という人はぜひ。。。

                          By まちおこし編集長

宿泊予約は

那須ミッドシティホテル

那須塩原ステーションホテル


広 告 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
 


| 1/35PAGES | >>