calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

categories

archives

【PR記事 福島県桧枝岐村】 日本屈指の僻地?桧枝岐村に建つ、その名も「旅館ひのえまた」。宿独自の「山人料理」、湯量豊富な天然温泉に加え、キャッシュレス決済も可。

【PR記事 2020.03.19 福島県桧枝岐村】
日本屈指の僻地?桧枝岐村に建つ、その名も「旅館ひのえまた」。宿独自の「山人料理」、湯量豊富な天然温泉に加え、キャッシュレス決済も可。


人口約500人、実は「若い」村だった?
福島県の南西端、新潟県・群馬県・栃木県に接する山深〜い一画に、桧枝岐村というところがある。

この村、会津地方に属してはいるものの、会津の中心地・会津若松までは100匐瓩離れており、昨今の日本ではもはや希少な?僻地感全開の村だ。

この村、明治期に自治体として発足して以来、現在まで他の自治体と合併することなく、平成の大合併時にも「独立」を貫いた。

人口は500人ほどの過疎の村ながらも、村民には比較的若い世代が多く、人口の減少も他の僻地に比べればまだ緩やかな方だという。

 

 

楽天トラベルでの口コミ評価は4.92!

では何故に、この「小さな村」に若い人が多いのか?

意外に思われるかも知れないが、この村の主力産業が、農業や林業ではなく、観光産業だからだ。

尾瀬の玄関口のひとつであることに加え、独特の郷土料理や郷土歌舞伎などが近年、観光資源としてクローズアップされてきたらしい。

そんな桧枝岐村にある旅館ひのえまたは、言わば現在のこの村を象徴するような宿であろう。

宿独自の「山人料理」や湯量豊富な天然温泉に加え、昨今では「キャッシュレス決済可」なんてのを売りにしている。

楽天トラベルの口コミ評価も4.92(2020年3月19日現在)と激烈に高評価だ。

ココに泊まれば、日本屈指の?僻地というイメージが変わるかも。。。

                          By 旅の小坊主
宿泊予約は

旅館ひのえまた

広 告 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
   


| 1/46PAGES | >>