calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

categories

archives

【PR記事 福島県福島市】 吊り橋の先にある宿「信夫温泉のんびり館」。吊り橋だけでなく、食事の温泉トラフグでも恐怖とドキドキを満喫?

【PR記事 2020.01.08 福島県福島市】
吊り橋の先にある宿「信夫温泉のんびり館」。吊り橋だけでなく、食事の温泉トラフグでも恐怖とドキドキを満喫?


「吊り橋効果」の是非?はさておき。。。
いわゆる「吊り橋効果」というのを御存じだろうか?

吊り橋のような恐怖やドキドキを伴う場所で出会った相手に対して「恋愛感情」を抱きやすくなるという、アレである。

まあ、この効果については、実に様々な実験結果があるようなので、ここでこれ以上語るつもりはない。

が、しかし、このサイトの性格上、「吊り橋を渡らなければたどり着けない宿」なんてのがあるとすれば、やはりネタとして紹介しないワケにはいかないのである(笑)。

で、その宿とは、JR福島駅より車で約20分の山中にある信夫温泉のんびり館のこと。

この宿に至り着くには、手前の駐車場で車を降り、幸福(しあわせ)橋と命名された吊り橋を渡らねばならない。

 

 

割と豪勢な客室に、旅館育ちの温泉トラフグ。

実はこの宿、ただ単に吊り橋でしかたどり着けない宿というワケではない。

かなり凝った造りの専用露天風呂付の客室や、コタツ間とガラス窓ひとつで隣り合った温泉浴室付きの客室なんてのがあり、全体的に結構豪勢な造りだ。

さらに、貸し切りの露天風呂や半露天風呂なんてのもある。

しかも、宿自体が吊り橋を渡った先にある建物であることに加え、宿泊棟から温泉棟までは雪の寒空の中、屋根と床のみでふきっさらしの渡り廊下を移動しなければならない。

食事については「温泉トラフグ」が自慢料理となっている。

まあ、トラフグと言っても、旅館育ちの安心安全なトラフグなので毒性の危険は無いのだが、吊り橋の恐怖とドキドキに加え、食事でもある種の恐怖(笑)を味わうことになる。

決してこの宿を不純な動機で利用しないように(笑)。

                          By 旅の小坊主
宿泊予約は

信夫温泉のんびり館

広 告 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
   


| 1/45PAGES | >>